前へ
次へ

腰痛について調べて腰部椎間板ヘルニアを知る

腰やお尻のあたりに痛みが走り、足まで痺れる事が増えてきたので、これは重大な病気の前兆かもしれないと考えて検査を受けました。その際に腰部椎間板ヘルニアを発症していた事が分かり、大急ぎで治療を始めた時に知ったのが、喫煙でも腰部椎間板ヘルニアを発症するリスクが上がる可能性があるという情報です。自分はヘビースモーカーだったので喫煙する量はとても多くて、このまま喫煙を続けていると腰部椎間板ヘルニアが中々治らない可能性も考えて、禁煙なども含めてリハビリを始めました。タバコを吸うのを止めるのは辛かったのですが、家族の支えもあって何とか禁煙は続けられており、腰部椎間板ヘルニアの症状も少しずつ改善しています。足の痺れと腰痛が改善したおかげでウォーキングなどの運動も行えており、運動をする事で禁煙のストレスを発散するのもいいと思えました。治療を始めないまま症状を放置していると、歩行も困難になるほど腰痛と痺れが悪化すると聞いていたので、早いうちに対処を始めて良かったと実感しています。

Page Top