前へ
次へ

生活習慣病と腰痛の因果関係について

生活習慣病は、様々な病気の原因とも言われ、腰痛も生活習慣の乱れから引き起こされる場合もあります。大きな原因は、姿勢と、姿勢を崩してしまうストレスが背景に隠されているのです。ストレスは、ストレスに対応するために、たくさんのエネルギーを求める気持ちが高まります。生活乱れの暴食と走り、無駄な体重を増やしてしまうでしょう。無駄な体重は、背骨や腰の骨に負担を与え、腰痛を生み出してしまいます。本能的によるストレス状態は、ストレス与えている対象からいつでも反応ができる様に、筋肉に緊張感を与えます。ただし、これが長引くと、筋肉が疲労してしまい、様々な場所に負担が高まってしまうのです。筋肉を休めるために、楽な姿勢に向いてしまう場合もあるでしょう。この楽な姿勢は、背骨などを歪めてしまうきっかけとなり、腰痛を引き起こしてしまうのです。現代人に、ストレスを抱えずに生活を送るのはそれほど簡単ではありません。健全なストレス解消を求め、腰痛を防ぐつもりで姿勢に意識を向けるのもポイントです。

Page Top